シイタケの菌糸体とは|安心安全のケイ素で元気をあやかろう|健康祈願
女の人

安心安全のケイ素で元気をあやかろう|健康祈願

シイタケの菌糸体とは

ドラッグ

シイタケ菌糸体とは、普段食用として売買されているシイタケの傘の部分ではなく、その下にある根の事を指します。糸状の形をしている為、シイタケ菌糸体と呼ばれています。シイタケ菌糸体はシイタケ本体とは比べものにならないほど多くの栄養素を含んでおり、近年急速に注目を集める存在となりました。シイタケ菌糸体には、がん細胞に対する免疫力を低下させる免疫抑制細胞を抑える効果を持ち、高い抗がん作用を有する事が確認されています。シイタケ菌糸体から抽出した成分には、レンチナンやαグルカン、シリンガ酸、バニリン酸、キシラン類などが含まれており、特にレンチナンは厚生労働省から認可された医療品として、がん抑制治療に使用されています。

シイタケ菌糸体が持つ効能については研究段階の部分も多く、全てが解明されている訳ではありません。例えば、シイタケ菌糸体が持つ高い抗がん作用については、様々ながんに対して効果を持つ事が確認されているものの、前立腺がんに至っては特別な効果を得られない事がデータによって示されています。抗がん作用に注目されがちなシイタケ菌糸体ですが、それ以外にも様々な効果が確認されており、肝臓の保機能向上や抗ウイルス作用、抗コレステロール作用などがあります。現在ではシイタケ菌糸体の成分を抽出したサプリメントが開発されており、誰でも手軽に摂取する事ができます。身体に必要な栄養素を多分に含んでいる為、健康に関心のある人を中心に根強い人気があります。